高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

人口減少が続いていても世帯数が増加し、世帯当たりの人数は徐々に減少を続けています。従って、単身や夫婦だけの少人数で暮らす住まいが増えているわけですから、建物に余裕のある場合、高齢者だけでなく親族等を交えた混成世帯が空いている部屋を有効活用し、一つ屋根の下で一緒に暮らす住まい方があります。日常生活では助け合い、また、住居費を節約し、毎日の買い物や食事で余り物を減らしたりできるメリットがあります。

しかしながら、家族でさえも長く離れて暮らしていた者同士が一つ屋根の下で暮らしてみると生活の仕方や趣味、嗜好あるいは寝起き時間帯などが異なっていることが良くあります。そこで、事前に日常生活の役割分担等を話し合って決めておき、最初から相手のプライベートな面まで踏み込まないことが鉄則のようです。些細なことでいがみ合うことになれば折角一緒の住まいに暮らし始めても別れてしまうケースが起こりがちです。

高齢になってくると気力や体力が落ちてくるので多くの高齢者は身の回りのことをきちんと処理できるだけの行動力がなくなってきます。自分一人や夫婦だけより助け合い、補い合いながら一緒の住まいに暮らす方がお互いに便利で助かることが多いと分かっているので、日々、心の風通しを良くして直す点を直しながら共同生活を楽しみ続けることが大切です。

ピックアップ