高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

新婚生活の必要なお金

結婚をしたら、新婚生活が始まります。今まで実家暮らしだった人は、給料のほとんどを自由に使えた人が多いですが、夫婦で2人暮らしを始めると、他にもいろいろなお金がかかるようになります。2人の給料を全て使うのではなく、貯金をしながら生活をしましょう。新婚生活の中で必要なお金として、住居費がかかるようになります。

ほとんどの人が始めは賃貸物件に住みます。賃貸物件に住むためには、まず初期費用として、敷金や礼金、前家賃、火災保険など、たくさんのお金がかかります。30万円くらいはかかることが多いです。そして、家具や家電なども購入しなければいけません。冷蔵庫や洗濯機は、それぞれ10万円以上かかります。

住み始めたら、毎月家賃以外に、光熱費がかかるようになります。光熱費は、暑い季節や、寒い季節になると、高くなります。エアコンや電気をつけたままにしないように気をつけましょう。それ以外にも、交通費、交際費など、お金が必要なので、2人で相談をして決めるようにしましょう。独身と同じようにお金を使っていると、ほとんど残らなくなってしまうため、家計簿をつけるようにしましょう。収入と支出のバランスを考えて、楽しく暮らせるようにしましょう。

ピックアップ