高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

生活習慣を見直して健康な暮らしを

健康な暮らしには、「食べ過ぎを防ぎ、規則正しくバランスよく食べる」食事をすることが大切です。しかしそれだけでは健康を維持することはできません。食生活以外の生活習慣も含めて、トータルに健康をプロデュースすることが必要です。特に運動不足には要注意です。人間は適度に運動することで、各機能の健全さを維持できるようになっています。運動しなければ、普段使わない骨格や筋肉、運動機能は退化してしまい、体力がなくなり、肥満や生活習慣病を招くことになります。現代人の多くは、こうした危険な運動不足状態にあるといえます。

喫煙も、健康を保つ上で問題視されています。タバコはがんをはじめ動脈硬化や高血圧などの生活習慣病、肺気腫などの呼吸器系の病気になるリスクがあります。今では喫煙の害を知る人が増えたため喫煙者は徐々に減少していますが、習慣的に喫煙している人は禁煙する努力をしましょう。また体と心の健康に必要不可欠な、睡眠と休養も十分ではない人が多くいます。長期間睡眠・休養が不十分な状態が継続して疲労が溜まることで、心身の健康を損ねる人が少なくありません。今一度、自分と家族の生活全体をチェックしてみて、問題点を見つけたら改善しましょう。

ピックアップ