高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

日常生活を楽しむために

健康寿命という言葉がありますが、寝たきりにならないように、若い頃から気を付けておく必要があります。介護が必要になれば家族に負担をかけますし、もちろん本人も辛く厳しい状態になります。そのために何をすべきかと言えば、食事と運動が基本ではないでしょうか。まず食事ですが、バランスを考えて食事を摂ることが重要です。肉と野菜のバランスを考えて、足りない栄養はサプリメントで補充することを推奨します。サプリメントは持ち運びも便利ですし、高齢者にも飲み易いはずです。

次に運動ですが、無理のない程度に身体を動かすことが大切です。一日に一万歩を目標に、有酸素運動を心掛けて下さい。少しの移動であれば、エレベーターを使わずに階段を使うことも有効でしょう。長期的な視野で捉えることで、それが年齢を重ねてからのアドバンテージになります。元気な高齢者というのは、若い頃から意識を高く持っています。

特別なことをする必要はなく、日常生活を改めることが重要ではないでしょうか。それは節約も同様で、アイデアを実行して節約を心掛けて下さい。日本の医療費は膨らみ続けていますし、地球の温暖化対策は待ったなしです。一人一人が生活パターンを見直すことが、住み良い国への第一歩ではないでしょうか。

ピックアップ