高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

高齢者の混成世帯で助け合いながら暮らす日常生活

日常生活でストレスをコントロールする

ほとんどの人がストレスや悩みを抱えながら生活しています。今以上によりよく生きたい、そのためにはどうしたらいいかと悩みながら生活しているからこそ、現状に問題点を見つけてはそれを打開しようとして人は悩みストレスを感じます。実際にストレスをバネにして成長していくことができることも少なくありません。つまりある程度の悩みやストレスは人を奮起させ前進させる要素でもあります。しかし悩みやストレスが大きくなり、活路が見いだせない状態が長く続くと心のエネルギーは減少しうつ病になってしまうことがあります。

ストレスをコントロールすることは大切ですが、むやみにストレスを怖れてもいけません。適度なストレスは生きる上でバネになります。またストレスを完全に取り除くことは難しく、何が何でもストレスを避けようとすればそのこと自体がストレスになります。但しちょっとした気持ちのもちようでストレスを軽くしたり、心が病んでしまわないようにすることはできます。ストレスを減らすには、自分を取り巻く環境や状況が自分の重い通りになるのが1番です。しかしその環境や状況は他人の様々な思惑がからんでおり自分の重い通りにはいきません。変わられるのは自分だけです。

ストレスへの抵抗力を弱める生活習慣を改善することは勿論ですが、ストレスを感じやすいものの考え方をしていないかどうか見直し改善していきましょう。これは単に明るく考えるということではありません。あくまで事実に則した考え方をしているか、ものごとをゆがめずに見ているかを常にチェックするということです。さらに物事を様々な角度から見れば違った解釈ができます。

ピックアップ